screen-normal screen-full info circle-right circle-left google-plus3 facebook2 facebook3 twitter2 twitter3

STUDIO COCHI ARCHITECTS

  • Office Info
  • HOUSE IN NANJO

  • HOUSE IN NAKAGUSUKU

  •  

     

  • HOUSE IN ONNA

  • HOUSE IN URASOE

  • HOUSE IN AMEKU

  • HOUSE IN YAESE

  • House in Hanashiro

  •  

    五十嵐 敏恭

    1984年 埼玉県生まれ

    2014年 STUDIO COCHI ARCHITECTS設立

     

     

    〒901-0513

    沖縄県八重瀬町字玻名城884−1グランパ23 2A

    Telephone   090-5824-4027

    email  toshi_igarashi@icloud.com

     

NUK建築事務所

  • Office Info
  • (仮)HOUSE/S

  • House in Kirikiri

  • House in Kirikiri

  • House in Kirikiri

  • House S Renovation

    土間 の 曖昧な空間

    上下階の 絶妙な目線

    により 人が交わる時間を生む

  • House S Renovation

  • Concept

    同じ国、同じ地域で、複数の人が生まれる。それぞれが 個 として感じ・考え、言葉や体で無限の方法によって人生を表現してゆく。五感を使った表現の繰り返しによって、心の落ち着く場所、心が帰る場所が生まれ、やがて育ち、熟成する。それぞれの時間の中で それぞれの場所に。

    ソノ場所が、「かけがえのない場所」と呼ばれるのではないかと考える。

    以前、ヨーロッパのとある世界遺産寺院を訪れた際、何百年もの歴史ある柱の前で、ステンドグラスを通した神々しい美しい光が、その下にあぐらをかいて、周りに目も触れず、一心に小さな画面を覗き込む子供を照らしていた。

    私達日本人が子供ながらに感じる、神社仏閣を訪れた時の、あの静寂感。それは、歴史ある空気に触れた時に、それぞれが感じるもの。私は、人がソノ場所の空気・オーラを感じるのは、子供時代に磨かれる感性が大きく影響するのではないだろうかと思う。子供ながらに感じる事ができる、美しいな・心地いいな・落ち着くな・・

    国や人種に関わらず、今の時代を生きる子供達に、ソノ場所は生まれ、大切に育まれているのだろうかと、考えさせられた。

    人によって整えられた道を歩く事だけでなく、でこぼこの道を歩き、暑さ・寒さ・四季の移ろい、地球上に生きる多くの人との会話。そんな、日常のたわいもない、大切な時間の積み重ねが、かけがえのない時間・かけがえのない場所に成ってゆくように思う。

    今の時代を生きるものとして、そんな事をもう一度暮らしの中に取り入れて、お金では決して買う事のできない、本当の豊かさを感じながら、それぞれのかけがえのない場所をつくるきっかけや、お手伝いを、お互いに交わらせられるようにしたい。

    日常を 豊かに 暮らす ヒントを出し合いながら。                  佐々木 幸史郎

     

  •  

    佐々木 幸史郎

    1984年 岩手県出身(宮城県生まれ)

    2014年 NUK建築事務所 設立

     

     

    〒028-1101

    岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里1−2−2

    Telephone  0193-44-2355

    mobile 080-5463-6216

    email   kokirikiri2012@gmail.com